崇真舘へ ようこそ

崇真舘は2014年7月に代表者である藪内崇視が創設した道場で、合気道・棒術・居合道を指導しています。

実戦的で本格的な技術と日本の精神を学びながら、“古武術”の魅力を楽しく触れられる機会を提供しています。

また力の弱い子供や女性でも身につければ効果のある護身術に特化しています。


従来の武道を視点を変えて、“格好良く”また“御洒落”にプロデュースする活動も行っています。そのためパフォーマンスにも取り組んでいます。



合気道の達人たち

大東流合気柔術 : 武田惣角

合気会 合気道 : 植芝盛平

合気道養神館 : 塩田剛三



達人達の動画



合気道の歴史


合気道のザックリした歴史を記しますと、戦国時代より前に遡り、柔術という呼称で存在していました。その一つの流れが江戸時代より会津藩に門外不出の御留流として伝わっていたのです。

明治になり、会津藩士の末裔である武田惣角が北海道に渡り、人に請われるまま教授していました。同じ頃、北海道開拓に来ていた植芝盛平が武田惣角の高名を聞きつけ弟子入りします。修行を積んだ植芝盛平は自身の学んだ宗教哲学と合気柔術を融合させ、合気道として世に広めました。塩田剛三は植芝盛平に弟子入りし、後に養神館を設立します。

各流派、独自に発展していきましたが、そこから枝分かれした合気道の流派もまた存在します。


崇真舘は北海道の綜合武道宗武舘道場からの系譜になり、大東流系の合気道になります。

特徴としては、型稽古を中心に、実戦に備えて数種類の乱取り稽古も行います。また現代に合わせて座った状態での型稽古は実用的ではないとして極力行いません。



合気道の魅力


合気道の一番の魅力といえば、小柄な体格でも力が強く大柄な者に打ち勝つことが出来ることです。

先に紹介した三人の達人は、皆小柄で150cmそこそこの身長でした。

また力を使わず相手を制し、何千通りもある技は修練に飽きがきません。


最後に、無駄のない動きは見ていて滑らかで、優雅さと気品に溢れています。

護身術としても女性にも人気の武道です。



沖縄の武人

喜屋武 朝徳 (きゃん ちょうとく)



沖縄古流棒術の動画


琉球唐手と武器術の歴史


空手発祥の起源は様々ありますが、琉球王国の士族が学んだ武術がルーツの一つです。それを「手(ティー)」と呼び、後に中国武術や本土の武術を取り入れ、現在の空手の基本が生まれました。空手は、首里、那覇、泊の三つの地域を中心に発達しています。


琉球の武器術はサイやトンファー、鎌など何種類か伝わっていますが、棒もそのうちの一つです。


崇真舘の棒術は、北海道の綜合武道宗武舘道場からの系譜です。少林流か小林流か正式なのは、どちらか伝え聞いておりませんが、少ない資料を元に調べてみると、少林流ではないかと思われます。


6尺棒(180cm)の棒を使い、1人での型稽古を中心に行いますが、2人で組む型もあります。非常に実戦的で長い棒を扱える様になれば、自然と短い棒を振っても応用が効きます。



居合道の祖

居合道の動画


居合道の歴史


居合道の祖は林崎甚助といい戦国時代の侍です。幼少の頃に父親を斬殺されたことから、仇討の旅に出て見事討ち果たします。

その時に創意工夫して考案した技術が居合術であり、敵の虚をつき一瞬の内に鞘から刀を放ち斬り通すという技です。当時は刀を抜き払ってから戦闘が始まるのが普通でした。

その後、諸国を放浪し様々な地域で教授したことから、江戸時代には複数の流派が生まれます。


崇真舘では無双直伝英信流を教えています。北海道の綜合武道宗武舘道場からの系譜です。


無双直伝英信流とは、長谷川英信が創始した流派で土佐藩に伝わり御留流となりました。昭和になって全国的に広まり、現在では一番ユーザーの多い流派の一つとなっています。


居合道の魅力


居合道は激しい動きが少ないため、日本では高齢者に人気の武道です。今まで武道に触れたことがない方でも、やはり日本人のDNAでしょうか、刀は憧れますね。

そして、海外の方にも人気があります。侍への憧れはとても強いようです。


凛とした佇まいと立ち居振る舞いが美しいことから、品格の向上に繋がります。刀は初心者は刃の付いていない模擬刀を使い、上級者は真剣で稽古する場合が多いです。


完全予約制


崇真舘は完全予約制の珍しいスタイルで運営しています。対象は個人・少人数・団体です。


例えば、こんなお悩みありませんか??


✔ 集中して習いたい、早く上達したい

✔ 目標、目的があり習う箇所を限定したい

✔ 周りの進み具合と合わない、自分のペースを守りたい

✔ 周りが気になり人と比べられるのが嫌

✔ 人に見られたくない

✔ 習いたいが曜日、時間帯が合わない

✔ 復習用に稽古風景を動画におさめたい



崇真舘なら上記のお悩み解決できます!


また服装は動きやすいものであれば道着でなくても大丈夫です。

但し、居合道の方には条件があります。

刀を差すために帯は必須です。袴があれば袴捌きも一緒に覚えられます。

木刀の貸出は出来ますが、居合刀の貸出は行っていません。道具を揃えられる方のみ参加可能です。


※道具卸売価格で斡旋できます。


価格表


個人 1h / 10,000円


チケット4枚綴 / 36,000円

※ 時間帯基本1h + 30分サービス


少人数 90分 / 5,000円

※3人以上〜10人まで


団体 2時間辺り / 要相談

※10人以上

助っ人を呼ぶ場合があります。


☆その他

遠方の場合は交通費が掛かります。

施設を借りる場合は料金の負担をお願い致します。


予約が多い場合、ご希望の日程に沿えないことがあります。あらかじめ御了承下さい。


予約はCONTACTより承ります。


お待ちしております!


【限定】


レッスン生、限定でフォト・動画制作サービスを開始しました!

お好みのシチュエーションでレッスン生の演武風景をカメラにおさめます。動画は編集し、後日お渡し致します。

記念として、又はご本人のブランディングにお使い下さい!!

価格はシチュエーションにより変わります。